ペット火葬と埋葬の方法と料金に関する説明

 

「ペットの火葬」で検索すると何万件もの業者さんがヒットしますが、その実態はどんなものなのでしょう。
民間業者のよい点は、自宅前で火葬をしてくれる、時間の都合がつくなどですが、公営に比べると費用が高く、中には高額の料金を請求される悪質な例もあります。
費用が安く、安心して利用できる保健センターのペットの火葬についてご説明します。

公営のペットの火葬を利用するには、お住まいの自治体の保健センターに連絡する方法が確実です。
保健センター自体が火葬の受付を行っているか、ペットの火葬をしてくれる斎場や焼却場の紹介窓口になっているか、どちらかになっています。
後者なら直接、火葬場に連絡しても良いのですが、犬が亡くなった場合は、センターには必ず連絡する必要があります。
死亡より30日以内に犬の死亡届を提出し、保健センターが発行した「艦札」などを返還しなければならいからです。

気になる費用面ですが、お住まいの自治体や地域の管区内の飼い主さんであれば、2500円前後でペットの火葬をしてもらえます。
もし管区外のペットであっても、1万円以内で火葬をしてもらえることがほとんどです。
ただし遺骨を拾えないペットの火葬場もあるので、お骨を受け取りたいなら民間業者に頼むなど、目的に合わせて利用しましょう。

ペットが家族となった現代。
その火葬や葬儀についても特別な思いを持っている方が増えています。
公営の火葬で十分という場合もありますし、もちろんこうしたことは気持ちです。
思いがあれば方法は関係ないのかもしれません。
ですが最近ではできるだけ手厚くという人が増えています。

 

景品二次会で使うなら景品宮殿早乙女がお勧め

 

 

保健センター   料金   手続き   合同火葬   霊園

サイトマップ   リンク   おススメ

 

清水寺  銀閣寺  隠れ名所  二条城  花の名所